失敗しない病院選び 軽度の立ち耳形成 (画像あり)

最近行ったばかりの立ち耳形成の症例をご紹介しましょう。

立ち耳とは、耳が正面を向いている状態の耳のことを言います。

対耳輪の後ろへの折れ曲がりが無いか少ないと、この立ち耳の状態になります。

したがって、手術は対耳輪の軟骨の後ろへの折れ曲がりを人工的に作ることを

目的とします。

最近は完全な立ち耳ではなく、少しだけの立ち耳の改善を希望される方が

増えてきました。

少しだけの立ち耳の場合、人工的に作る軟骨の折れ曲がり程度の調整が

非常に難しいです。

病院によっては、極端に折れ曲がり過ぎていて、不自然な形の耳になっているのを

よく目にします。

どの手術も同じですが、自然な仕上がりが大切です。

したがって、病院選びは非常に重要です。

???????????????????????????????

上の写真は20代女性の立ち耳形成の術前と術後です。

耳の上部だけが立ち耳気味です。

???????????????????????????????

???????????????????????????????

上の写真は同じ方の右耳だけの正面から見た術前と術後、下の写真は真横から見た術前と術後です。

少しですが、変化がお分かりいただけると思います。

???????????????????????????????

???????????????????????????????

上の写真も同じ方の左耳の正面から見た術前と術後、真横から見た術前と術後です。

変化がお分かりいただけたでしょうか。

少しだけの立ち耳形成は難しいです。

少しだけなので、控えめに手術をするとほとんど変わらない、ということになり

折り曲げすぎると、不自然になってしまいます。

 

立ち耳で悩んでいる方は、耳が大きく見える、という悩みが多いようです。

少しだけの立ち耳でも、完全に、しかも自然に改善することが可能ですよ。