輪郭の美容外科施術 2 (画像あり)

今回は頬の皮下脂肪による輪郭矯正のお話をいたします。

頬の皮下脂肪は主に頬の下半分からフェイスラインに付きやすく、

したがって下膨れの輪郭になりやすいです。

皮下脂肪による下膨れの輪郭の改善には、頬の脂肪吸引が有効ですが、

年齢制限があります。10代~20代が適応年齢で、30代は人によって適応になります。

40代以降になると、脂肪吸引によって頬の弛みがさらに目立つようになりかねません。

07601210

上の写真は20代女性の頬の脂肪吸引の術前と術後です。

頬の下半分の脂肪吸引を行っていますが、メーラーファット(頬骨部の脂肪)は

避けて行うのがコツです。

頬骨部の脂肪まで吸引してしまうと、頬骨が目立った輪郭になってしまいます。

 

*脂肪吸引に関して詳しくはこちらから

 

40代以降の方で頬に脂肪が沢山付いている場合は、脂肪吸引にリフトアップの手術

を併せて行うか、脂肪溶解注射で穏やかにゆっくり脂肪を減らすか、

どちらかが良いでしょう。

FL術前FL術後

上の写真は60代女性の(フェイスリフト+頬の脂肪吸引)の術前と術後です。

頬の脂肪吸引だけですと、なおさら頬が弛んでしまうので、フェイスリフトと併せて

行うことによって効果が倍増します。

なお、この方は目の上下のタルミ取りも併せて行っています。

フェイスラインもスッキリして、綺麗に若返りましたね。

いつもお話ししていることですが、ただ単に弛みが引き上がるだけでなく、

綺麗に若返らなければなりません。

 

*フェイスリフトに関して詳しくはこちらから

 

男性で、特に中年以降になると特に頬やアゴに脂肪が付きやすくなります。

上記の脂肪吸引+フェイスリフトはかなり効果的ですが、脂肪溶解注射(BNLS)

ですと、作用が穏やかで、ゆっくり脂肪が減るので、頬が弛む心配が要りません。

img_3508img_3882

上の写真は小顔注射(BNLS)の施術前と施術後です。

約1か月かけてゆっくり減るので、頬の弛みが増えることもありません。

少しだけフェイスラインがスッキリしましたね。

 

*小顔注射に関して詳しくはこちらから

 

今回は皮下脂肪による輪郭矯正のお話をしましたが、次回は

エラが張った輪郭のの矯正のお話です。

 

横浜美容クリニック(美容外科)  横浜美容クリニック(「美容皮膚科)