刺青を消したい 手周辺 2 (画像あり)

刺青切除、手周辺の2回目ですが、今回は指、手首の刺青切除の

症例をご紹介します。

指の手術も曲げ伸ばしの機能に影響するので、やはり技術と

慎重さが必要になります。

%e8%a1%93%e5%89%8d%e8%a1%93%e5%be%8c

上の写真は小指の刺青除去の術前と術後1週間目です。

指の刺青で最も多いリング状の絵柄です。

リング状の絵柄の刺青除去では、取り除く幅が小さいので、

指の曲げ伸ばしの機能はそれほど気にしないで行うことが出来ます。

術後の写真では指が太くなっていますが、術後の腫れのせいです。

 

次は手首近くの刺青除去の例です。

手首部分の刺青切除の場合、最も気を付けなければならないのは手指への血行です。

特に手掌側の縦軸切開の場合は、常に手や指先への血行に

気を付けながら慎重に行わなければなりません。

%e8%a1%93%e5%89%8d%e8%a1%93%e5%be%8c

上の写真は手首の刺青切除の術前と術後1週間目です。

手掌側ではありますが、横軸切除でしかも切除する幅が小さいので、

手指への血行障害の心配は要りません。

前後

上の写真は手首の刺青除去の術前と1回目の術後1週間目です。

手首にしては比較的大きな絵柄の刺青ですが、手の甲側で、しかも

横軸切開なので、血行障害のリスクは低くなります。

2回目術前後2 (2)

上の写真は刺青切除の2回目の術前と術後1週間目です。

結構大きな刺青でしたが、2回の手術で完全に無くなりました。

 

以上のように、手、指、手首の刺青除去は、刺青の大きさが小さくても

指や手の機能と血行に気を付けて慎重に行う必要があります。

 

*刺青切除に関して詳しくはこちらから

 

横浜美容クリニック(美容外科)  横浜美容クリニック(美容皮膚科)

 

 

 | 記事一覧へ |