立ち耳の手術と傷跡 (画像あり)

当院の得意手術でもある立ち耳形成

切らないで埋没させた糸で矯正するだけの手術もありますが、元に戻りやすいです。

やはり切開して直視下で耳介軟骨を折り曲げて、糸で固定する手術が確実です。

したがって当院では、立ち耳形成は切る方法で行っています。

切る方法だと、皆さん傷跡を心配されますが、傷跡は耳の後ろ側で、全くわからなくなります。

3-1

上のイラストは立ち耳形成の切開線を示したものです。

耳の後ろの赤線の部分です。

術後の折れ曲がった溝と一致するので、全くわからなくなります。

O5前後(側)

上の写真は立ち耳形成の真横から見た術前と術後です。

傷跡は術後の折れ曲がった耳の後ろの溝(赤い点線)の部分なので、全くわかりません。

 

立ち耳の手術は傷跡もわからず、確実に改善する手術なので、お勧めですよ。

 

 | 記事一覧へ |